20070330

16 to 16777216

posted by ならむら

LA-MULANAの英訳版が出回ってから、LA-MULANAで海外のサイトがたくさんひっかかるようになりました。
中には「Death Village」がLA-MULANAの続編ではないか?という噂も。
そんなわけがない。村やぞ、村。トイレのゲートに入ると裏村ってか。
このブログの初期の方でも言ったんですが、最初のうちは実験的な物、小粒な物が続きます。Death Villageもそんな感じです。

さてさて。だいぶ前から開発で鬼門になるだろうなぁと思っていたのが画像製作時間。なんたって今まで16色でやってのが16万色まで使えるようになあるんだぜ。たまんないよな!
そんな単純計算ではないだろうけども、製作時間が伸びるのは確実だろうなーと恐れていました。そもそもが製作の考え方を変えねばならんのですけどね。今開発中の物はその辺で苦労しました。色が決まらないんです。
えぇ、MSXの16色で物描かせれば何でも描きますよ。16色のあらゆる組み合わせが実際に描かなくても頭の中で判断出来ますからね!しかしフルカラーとなると、ドット絵を書くというよりはもう、デザイン業務に近い感じ。イラストですね。色の組み合わせや表現方法なんてそれこそ無数に存在するので、キャラの色を決めようにも背景がないと決められない、背景を作ろうにもその他の小物、というか全てが並んだ時どういう色の組み合わせになるのか。そう、つまり「先にキャラクターを作る」方法が使えなくなったんです。全部進めていけるかどうかの判断をしないといけない。
自分の本職のデザイン作業だと思えばもっとさらっと出来たのかもしれないですが、ゲームとしてみた場合に良いかどうか、さらに動いたらどう見えるのか。なっかなか決まりませんでした。
最近のゲームの豪華攻略本なんかを見ると、設定画とかイメージイラストなんてのが山ほどあります。それを見ては「時間の無駄じゃないの?」なんて考えてましたが、あれは必須です。企画段階ではいいですが、開発段階になると共通イメージとなる絵が最初にないと進みが悪いです。特に3Dでやるとしたらイメージイラストは必須でしょうかね。
 

しかしながら、決まってしまえば早いもんです。ドット絵ではなくなりましたが、イラストをガリガリ描いていくようなもんですから。こうなりゃ俺の戦場ですよ。しかしこうなると世間の多くの美麗ゲームと比べられるようになる訳ですよね。ここがつらい所。仕事で作る物とゲームで作る物とじゃ性質が違うので、全く手をつけた事がないジャンルの絵もあります。
今は絵に関しては何でも俺がやってますが、いずれはイラストなんかを外注する事もあるのかもしれません。パソコンでイラストを書く練習もしてるんですけどね。ある程度は出来ますが、根本的にむいてない部分があるみたいで。そんあ将来も考え、最近はイラストサイトなんかも折りをみて巡ってます。
俺に萌え絵を描かせるなよ!

comments

Blogger Madamluna said...  At March 31, 2007 at 9:57 PM

The screens look very nice! I especially like the night sky one, the colors are very vibrant. I think you did a wonderful job with the 16-color graphics for La-Mulana, so I'm eager to see what you can do with 16 million~

Also, Shih Tzu (from the Independent Gaming Source) has clarified some of your ideas for English-speaking fans, so there will be less confusion from now on over "is La-Mulana getting a sequel?" and other topics.

They also have your goal translated, too: to make "consistently weird games," is that correct? I really admire a goal like that!

 
Blogger サミエル said...  At April 6, 2007 at 6:54 AM

This comment has been removed by the author.

 
Blogger サミエル said...  At April 6, 2007 at 6:57 AM

Wow, I failed.

Hi Madamluna.
I'm Samieru.

Because Naramura went on a trip, I will answer.

I think our games that will comes in the future are not so weird.
They are... a little bit unique.
However, it is thought that a lot of experimental works will be opened to the public in the future.

Death Village is an experimental work.
Some people may feel that "This is a consistently weird game".
Actually, I feel so now.

We will make unique games that can make only us.
Perhaps, they might be a little weird.

 

<< Home