20080526

1周年を記念して振り返ってみよう! 「Death Village」編

posted by ならむら

なつかしいですねぇー。GR3Projectから動きを隠した状態で作ってましたね。
こいつに関してはもう、第1弾だからという以外の何者でもないかな。

Flashゲームにしては遊ぶ側の理解を求め過ぎとか、細かく作業し続けて作ったりとか。
逆を言えばもうこういうのは作れないかなーとも思いますね。
しかしながらNIGOROの方向性を決めた存在であることは間違いない。

ステージエディタを最初から搭載できなかったのが残念でしたね。それがあればまた評価は違っていたかも。
そもそもネットゲームってRPG以外でも出来るやろ!ってところからパズルゲームって決めましたからね。
ステージエディットが抜けてると、「なんで第1弾パズルやねん。」と思った方もいるでしょう。」
ルールが難しいので作るのも難しいってのもありますけどね。
たまに覗くとステージがごそっと増えていたりするので、ハマって作ってくれている人もいるようで。

実のところ、このゲームに関してはサミエルさんの方が詳しい。
製作後半、ゲームの特性理解しきって大型ステージ作ってたのはサミエルさんなので、俺はその作られたステージがクリアできなかった。

ところで完全版になってエンディング見てくれた人っているんですかね?
ノーマルモードで全ステージクリアすると完全新作エンディング流れます。

音楽。
これはですね。実はNIGOROゲームの中でもずば抜けて納得できる作りになってます。
GR3Project以降、新路線を見せる、今まで作らなかったジャンルの曲を作る、あとMIDIデータも細かく調整できたし。
小粒ですがどれも気に入ってます。ヒッチコックをイメージしたやつや、ドリフってことでピンクパンサーをパロったり。

comments

Anonymous shin said...  At June 8, 2008 at 5:47 PM

最初のゲームということもあってかなり楽しませていただきました。
とはいうものの、個人的にはやりこみたい
タイプのゲームでありながら、「これにはまったら仕事が・・・」
という理性と現実が邪魔を。いつかまたやろうと思ってます。

 
Anonymous ならむら said...  At June 9, 2008 at 12:19 AM

俺も全面クリアはしてないです。
ネットワークにも山のように。

 

<< Home