20080223

受賞?

posted by ならむら

現在、2本同時に開発が進んでおり、どちらも佳境を迎えております。そのうちの一本はちゃぶ台返しってほどではないですが、面白くする為に追加要素をふやしてしまったのでそれの制作・調整段階です。ぼちぼち先見調査隊へ招集がかかるでしょう。先見調査隊ももっと人数がいた方がいいのかなぁ。

突然ですが、受賞しました。
INDIE GAMESという海外のフリーウェアをまとめているサイトです。ここで開催されているBEST OF FEATURESとやらのコンテスト?でフリーゲームその他部門で薔薇と椿が1位をいただきました。わー。
情報、ありがとうございました。

このINDIE GAMESって、GDC(Game Developers Conference)なんかも運営している団体がやってるところじゃないですか。

………賞金は?

しかし、なんで薔薇と椿だけいつまでもアクセスが減らないのかと思ったら、海外から延々と来てたんですね。英語版を用意して本当によかった。翻訳さんに感謝。LA-MULANAを作った人たちって言うのがナシで選ばれているみたいでうれしい限り。日本の知名度がまだまだよね!

さらに話は変わってポエ山さんのブログでウチの事が書かれていました。ポエ山さんといえば、Flashが出たての頃、「これで何ができるんじゃい」「面白いFlashあったぞ」とにぎわっている頃、仕事柄一目置いて閲覧してました。
ポエ山を知らなくてもFlash作品は見た事があるって人は多いと思います。GR3時代とはいえ、そういう方の創作意欲をツンツンできたとは光栄です。
MSXユーザーならトップページだけでも見ておきましょう。

comments

Blogger oranda said...  At February 27, 2008 at 8:47 AM

はじめまして。Indygames.comの編集者ディビッドです。本当は大会じゃありませんでしたので賞金がありません、ごめんなさい。TimWという編集者は今年の一番楽しいゲームを集めてサイトで載せたんです。

アメリカのフリーゲームが好き人の中でNigoroのゲームはよく人気がありますよ。アメリカ人はあまり日本語を読められませんので英語に翻訳しないでフリーゲームを作成する人はなかなか有名になりません。そして、英語のページを用意でよかったですね。

楽しいゲームを作り続いてください。

 
Anonymous ならむら said...  At February 27, 2008 at 4:37 PM

はじめまして!わざわざの書き込み、ありがとうございます。
1作目で海外でも我々に興味がある人が多いのではと感じたのですが、まさかここまでとは思ってませんでした。
今後、日本でも海外でも作品を公開したいのですが、いろいろ壁は多いです。

 

<< Home