20091203

テストプレイ おまけ

posted by ならむら

毎度のことながら、書ききれていなかった些細なことを漫画にしておきます。



この後、作業用のMacbook airでWindowsが起動しなくなり、作業が滞りまくって予定してた所まで実装出来ませんでしたとさ。

ゲームの開発進行度は散々でしたが、よいデバッグ経験でした。
参加してくださった暴満館さん、ホントにありがとうございました。

しかし今回はテストプレイする環境が1個しか手配出来なかったのでこういう形になってしまいましたが、いずれもっと多くの人数でデバッグ合宿やってみたいですね。募集してさ。

むしろNIGOROのファン感謝イベントはデバッグ缶詰でいいかもしれん。

エスポワール号みたいなのに乗せてさ。バグレポート100枚提出しないと地下行き。
金銭によるレポートの売買は自由。

それか広い体育館に閉じ込めて、デバッグマシンだけ置いて24時間監禁。
ご飯はおにぎりを、あの体育館の下の方にある格子窓から投げ入れる。

comments

Anonymous @93zak said...  At December 14, 2009 at 1:18 AM

とっくの昔に議論になっていることと思いますが、NIGOROのゲームをiPhoneでリリースする予定はないですか(既出だったらすみません)?

iPhoneのインターフェースは新しいタイプのゲームを生み出しつつある状況で、NIGOROにとってチャレンジし甲斐のあるフィールドだと思いますし、そもそも過去のNIGOROゲームとタッチパネルの相性は抜群だと思っています。

ご存知だと思いますが、iPhoneのゲームは未だ黎明期にありクオリティも玉石混交というのが実態です。実際、NIGOROのクオリティをはるかに下回るゲームが有料になっておりそこそこ売れているのが現実です。

La-Mulanaの開発が佳境にあるなかでこんな提案をしても「リソースが足らねーよ!」の一言でおしまいだとは思いますが、今後の方向性として非常に魅力的だと(勝手に)思っています。

あと、(以前トライしていた)twitterも今だったら利用価値は非常に高いように思います。

以上、「NIGOROのゲームを(過去のゲームを含め)iPhoneで遊べたら喜んでお金払うのになー」と思っている一ファンの戯言でした。


体に気をつけて頑張ってください!

 

<< Home