20080604

NIGOROとRPG

posted by ならむら

さりげなく続くこのシリーズ。
皆さんからの意見も聞ければ、今後NIGOROで大型ゲーム作るぞー!な時に大いに参考にさせていただきますのでよろしく。たぶんね。

さて、RPGですね。
最近、このジャンルも元気ないですね。マニア化し過ぎなだけだと思うんですけどね。

いろんなジャンルでNIGOROと○○で語っていきたいんですけども、根本は前回で言ったことが全てなんですよね。
そのジャンルの面白さの根本を見直せ!そして今の時代感覚で構築しろ!っていう。
「世界樹の迷宮」や「モンスターハンター」なんてそういうコンセプトだと思うんですけどね。
かたや散策、かたや収集の楽しみと、RPGの根本である成長・育成の面白さ。
そこをしっかりつかんで新しい物が出せれば、まだまだRPGって面白いジャンルだと思います。
それとアクションなんかの他のジャンルにRPG的要素を奪われすぎたってのもあるのかなぁ。

RPGってね。実はそんなに進化してないと思います。
そりゃ3Dとかムービーとかストーリーとかやり込み要素とかいろいろ変わっているけどさ。
なぜ未だに「コマンド入力」なのかね?
いろーんなシステムくっついて進化させているけど、根本は味方と敵のコマンド選択。
この辺に進化の余地が残されているように思い続けて10年あまり。
アクションRPGてのもありますけどね。そうなるととたんに単体無双主人公に。
俺が知らないだけで斬新な物って世に出てるんですかね?ペン、マウス、リモコン活かしたような。コマンドじゃないやつ。

RPG論っていろんなところで語られていると思うので、あえて今更書くのも気が引けるんですが、
やっぱ複雑になり過ぎだよね。それにユーザーがなれ過ぎというかさ。
よくRPG評価の際に「やりこみ要素」ってのが挙がるんですが、俺はこのやり込み要素ってのが嫌いです。
アイテム収集、イベントコンプ、配合コンプ、ミニゲーム制覇。
こいつら、本編に関係なかったりするでしょう。しかもメーカーが用意したやり込みだ。
だからこそ作業感が拭えないというか。やり込みってのは短時間クリアとか、低レベルクリアとか、
ユーザーが自分で見つけて記録を作るってのが本来の物だと思うんだけどな。
コンプ物はそれ単体が悪いって訳ではないんだけど、時間かければ誰でも達成できたり、
攻略本や攻略サイト見てひたすら作業になるって悪循環があるよね。
最近のゲームで、俺が知っている中でだけどもこの手のやり込みが世に広まってるのって
ロマサガと、RPGじゃなけどメタルギアソリッドぐらいじゃないのかなぁ。短時間クリアとか制限プレイとか。
この二つ、どっちもゲームの面白さがまずありきで、ユーザーの遊び方に対する幅にゆとりがあるんだよね。
こういうのって大事だと思います。

あとねー。最近はパッケージも気に入らない。RPGコーナーに行ってご覧なさいよ、おくさん。
3Dモデリングされた美男美女がずらーり。パッケージからそのRPG独自のカラーって感じないです、俺。
覇邪の封印、ザナドゥ、ハイドライド3、ウルティマ。この辺のパッケージに類する物って今無いですよね?
そりゃまぁ営業的な判断もあるんだろうけどさ。子供がワクワクするようなパッケージって減ったなぁ。

というわけでNIGOROならどうするか。
……どうもしないんじゃないですかね?
いやいやいや。ちょっと今のNIGOROの体制でRPGに手を出すのは危険なんです。
RPGってのは要はデータの固まりです。上で書いたような遊びの幅にゆとりがあるものであればあるほどデバッグが死ねる。
3人でこのデバッグ作業は完成までにバグをつぶせる自信が持てないですよ。
それじゃあまりにも答えになってないので、まー手を出すとしたらアクションRPGじゃないでしょうか。
なにより俺が大好きだし。それこそLA-MULANAのように、行ける場所たくさんあって自由に散策して巡れって言う形。ああいうのいいなぁ。
アクションRPGもイース以降、ストーリー重視的なのが多いしなぁ。
アクションじゃないRPGならどうするか。うーん。
これも同じような手法だろうなぁ。システムの複雑化じゃなくて散策の複雑化みたいな。

いつかやってみたいジャンルではある。やってみたいというか挑戦。
そのためにもデバッグ隊の結成が必要だな!

comments

Anonymous Anonymous said...  At June 4, 2008 at 6:57 PM

なんだか長嶋有の小説『パラレル』を思い出しました。
この小説、作者はMSXにも造詣が深いロンドン小林です。ゲーム会社の元社員が主人公で、作中で現代ゲーム論をアレコレ語っております。

みなさんには旧聞に属することかもしれませんが、参考になる議論があると思います。だまされたと思って読んでみてはいかがでしょう。

 
Blogger Samieru said...  At June 5, 2008 at 9:22 AM

だからボス、俺ちゃんがあげたバテンカイトス。戦闘システムは秀逸ですよ。2より1が頭使うので好きです。

 
Anonymous さわぴょん said...  At June 7, 2008 at 1:40 PM

初めまして、さわぴょんと申します。

僕がお薦めするのは『Memory & Mind』というFlash製のRPGです。

物語重視のRPGですが、完成度は高いので参考にされてみてはいかがでしょう?

 
Anonymous ならむら said...  At June 9, 2008 at 12:31 AM

なつかしいな、ロンドン小林!
Mマガの元編集者さんとは2人程、ネット上でお話ししましたね。

俺が言っているのは、もっと違う何か。交互に攻撃とかじゃなく、なんかもっと根本から違うような物。
もちろん、思いつきはしないが何かあるだろうよ。

ということで、仕事の金がまとまって入ったので、このNIGOROとシリーズ連載のこともあって、久しぶりにまじめにゲームをやってみよう。
ということで世界樹の迷宮2、FF3、なぜかギャラリーオブラビリンス、なぜかなぜかマリオギャラクシー買いました。

俺の知らない、何か新しい物はあるかいなー。

 
Anonymous Anonymous said...  At June 13, 2008 at 1:16 AM

それはもしやロンドン小林ではなくてブルボン小林では。

ブルボン小林もMマガで見たことがあります。最近出た永久保存版で投稿プログラムのレビューをしてました。

 

<< Home