20110117

すがすがしい新年

posted by ならむら

やぁ。

発売延期を決めてから、なぜか晴れ晴れしい気分で仕事を続けているならむらだ。
むんふー。この仕事、飽きたなぁ。

やー。
早いうちから準備を徹底的にしつつ、休みも取らず長いこと働き続けているのに、どうしてこうまで追い詰められなければならないのだと思いながらやってたんですが。
年内キビシー、これは伸ばさないとムリだー。という話が出てから1週間ほど完全に糸が切れてたんですが、今は元気です。

というかLA-MULANA自体はもう出来上がってます。テストプレイを続けてもほとんどバグが見つからなくなっているぐらいに。
公式でも触れましたが、ゲーム部分とは関係のないところで苦戦しているので、あとはプログラマーにがんばってもらうしかない状態。
そこで延期が決まったので、俺の仕事のほうは追い詰められ感がずいぶんなくなったのです。

完成から発売までにやらなければならないこと。説明書、攻略本、PR、PVつくりなどなど。
こういうものが切羽詰った環境でやっつけでやってしまうと、せっかくここまで長くかけて作ったものが雑な印象を与えてしまうので手を抜くわけにもいかないからだ。

そんなわけで、プログラマへの指示だしがほとんど終わってしまい、後回しにしていたグラフィックや音楽の手直しを続けつつ、テストプレイヤーとともに何度も通しプレイを続ける毎日でございます。
知名度の高いゲームではないので瞬間的にたくさん売れるより、質がよいので少しずつ長く売れるというのが理想だと思うので、質を高めることに残りの時間を費やします。


何が言いたいかというと、切羽詰ったスケジュールをまた小刻みにしてさらに切羽詰って雑にするよりは、こういうときだからこそじっくり落ち着いて着手しようと仙道に言われたのです。
なので12月発売を断念したからといって今月発売というわけではないです。調整やら宣伝にしっかりと手間をかけられるようにしたいのと、任天堂に提出をしないと発売日は決まらないものなので、決まり次第、またお知らせしようと思います。

そのぶん、ここでの駄文も増やしたりしたいので何か聞きたいことがあればコメントください。今なら口がシュプールを描きそうなぐらいすべるかもしれない。
あと、またタイミングを見て実況もやらないといかんですね。
ニコニコでもやりたいんだけど、コミュニティの人数ってどうやって増やすんだか。

comments

Anonymous Anonymous said...  At February 8, 2011 at 8:53 PM

ラストハルマゲドンの外伝みたいにならないことを祈ります。あれはなんというゲームだったか…妖怪ものだったような…。

 
Anonymous ならむら said...  At February 9, 2011 at 9:55 PM

ありましたなぁ、そんなの。

次に提出するときは、もう無理なものは無理と割り切ってでも確実に出す予定でやっとります。

 

<< Home